株式会社ネットメディエイト > 物件の購入について

物件の購入について

このページでは、物件の購入の際に起こり得る事例とご質問の解説を行っております。不安な部分は早い段階で解消しておきたいものですよね。当ページをお読みになってご不明な点や、ご質問がございましたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

物件の購入について

買付を出してくれと言われました。こわいです

大丈夫です

買付(不動産購入申込書)はあくまでも 売主様に対する購入意思表示で必ず契約をしなければならない書類ではありません。
ただし、現在の不動産業界では購入するためにはほぼ買付を提出する必要があります。
なぜならば、仲介の場合はその買付があって初めて売主様と交渉が可能になるからです。
売主様は買う気があるかわからない人とは交渉をしません。そのあるなしの判断になるのが買付なのです。
もちろん、先述のとおりに買付は必ず契約をする義務を負う書類ではありません。
契約までに万一ローンが固まらなかった等の不測の事態が生じた場合は申込の撤回をすることが可能です。
物件を実際に見て、「購入したい」と思ったらまずは買付の提出が最初のステップなのです。

重要事項説明ってそんなに重要?

重要です

重要事項説明、通称「重説」は宅地建物取引業法という法律に定められており、 その中で不動産業者は取引の関係者に売買物件における重要事項について調査し、宅建免許を持っている宅地建物取引主任者により告知すべき義務を負うとあります。
特にこれから高額の商品を購入しようとしている買主様には物件の全てを知ってもらわないといけないわけです。
重要事項の説明なので、もちろん全て重要な事項なのですが、買主サイドが特に注意すべきなのは 「ペット飼育は不可です」や「過去に○○がありました」等、「そうと知っていれば購入しなかったのに」という点がないかどうかです。
これは買主・売主双方に後々トラブルが起きないようにするための処置でもあります。
「こんな話は聞いていない」「いや、すでにこのことは伝えています」等いわゆる「言った言わない」にならないために 買主サイドに対して重要事項の説明をきちんとしておくわけですね。
不動産は一生に一度の買い物です。物件のことをよく理解して納得してから契約書にサインしましょう。
サインをした後に契約を破棄したい場合には、契約時に用意した手付金を放棄することになりますのでご注意下さい。

ローンってどのタイミングで申し込むんですか?

2通りのタイミングがあります

通常は買付証明書(不動産購入申込書)を提出した後、速やかに銀行へ住宅ローン仮審査を行います。
売主様から見ても「買いたい」という気持ちだけでは契約はできないということですね。
第三者(金融機関)から「この人は買えますよ」というお墨付きのようなものですから、 この仮審査が承認となったらその後に不動産売買契約の運びとなります。
おおむね次の2通りのタイミングがあります。

ローンのタイミング

いわゆる「ローン先行」と呼ばれるもので、先にローンの仮承認をもらってから契約をする形です。
売主さんも金融機関の太鼓判があるほうが安心ですから、最近ではこちらのパターンが多くなってきました。

ローンのタイミング

いわゆる「契約先行」と呼ばれるもので、先に契約を結び、その後にローンの申し込みをします。
当然、ローンの仮承認が下りない場合もありますので、その際には契約は解約となるような契約書になっています。
新築一戸建てなどではこのパターンが多いですが、全体的にはあまり数は多くありません。

トータルで何回くらい会社休む必要ありますか?

ゆとりをもって平日に2日間ほどです

通常、銀行ローンを利用する場合、金銭消費貸借契約を結びに銀行へ行きます。
これは大体2~3時間かかりますので、少なくとも平日に半日の休みが必要です。
またローンの実行(決済)は平日の午前中で2時間程度かかりますので、少なくとも午前中の休みを取得していただきます。
でも、せっかくの大きな買い物です。時間に追われてドタキャンをしてしまうようなことが決して無いように ゆとりをもって平日に2日間ほどの休みを取れるようにお仕事の調整をしてください。

賃貸派の質問 に戻る | 立地に関するあれこれ に進む