新築と中古

このページでは、新築と中古の戸建、及びマンションの、どちらにどのようなメリット・デメリットがあるかご説明いたします。中古は新築に劣るという考え方は損をしてしまうかもしれません。当ページをお読みになって、ご質問などございましたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

新築と中古
  1. 新築のメリット・デメリットは?
    新築物件のメリット・デメリットをご紹介
  2. 中古のメリット・デメリットは?
    中古物件のメリット・デメリットをご紹介

新築のメリット・デメリットは?

メリット長期保証(最長10年)がある

新築の場合、雨漏りやシロアリと言ったいわゆる「瑕疵」に対する保証が最長10年もあります。
瑕疵とは目に見えない傷のことを指しますが、これは施工者が万全を期したとしても起こり得るものです。
それらに対する保証(無料修繕)が10年もあるのは大変ありがたいことですね。
「安心を買う」という意味では新築のメリットはなかなか大きいと思います。

建物の外観・内装がキレイで
耐用年数が中古に比べて長い

新築なのでキレイというのは当たり前の話ですし、戸建の寿命(耐用年数)が40年だとした場合に 築20年の戸建よりも新築のほうが耐用年数は当然長いですが、やはり大きなメリットです。
また、この耐用年数はローンにも関わってくる場合がありますので、いずれにしても新しくて損をすることは少ないです。

税金(固定資産税・不動産取得税等)の
優遇が受けられる

新築の住宅(マンション・一戸建て)を購入した場合には一定期間税金の優遇が受けられます。 いわゆる「住宅ローン控除」ですね。正式名称は「住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除」です。 これは新築・中古に関わらず優遇が受けられますが、新築の場合のほうがより長く優遇が受けられます。

デメリット中古に比べて高い

新しいものが高い。これは車でもなんでもそうですよね。
不動産もご多分にもれず新築というものは高値になっています。
高いと言うことは支払いが苦しくなると言うことですが、 新しいと言うことはローンが組みやすいともいえます。
つまり、不動産においては「ローンで購入する」ということであれば 値段においては高くなっても新築のほうが購入しやすかったりもします。

未完成で販売している場合、
建物完成時のイメージがわきにくい

新築の建物の場合は大抵未完成のうちに販売活動が始まります。
そのエリアが人気だった場合には青田買いになるのも珍しくありません。
ただ、やはりどのような建物になるかがわからないと買うのをためらう人も多いでしょう。
実際にはモデルルームやモデルハウスといったものが各施工業者側で用意してあり、 そこを参考にしながら購入に至ると言うケースがほとんどになります。
しかし、モデルはあくまでもモデルなので実物とは違うことが当然あります。
大きくは違いませんが、そこをデメリットと思う人は思うでしょう。

中古のメリット・デメリットは?

メリット安い!

中古市場の最大の魅力はここに尽きます。
3年落ちくらいでも新築分譲時とくらべると何百万と安くなっていることがざらです。
購入予算を上げると言うのは支払いの問題もあり一般的に難しいですが、 同じ平米数でも築年数を妥協するだけで希望する価格帯のものも案外出てくるものです。
広くて安い物件をお求めならば間違いなく中古です。

建物をじっくり見て購入できる

新築のデメリットと逆の部分ですよね。もうすでに完成している、 それどころかすでに人が使っていたわけですから、生活のイメージが容易です。
冷蔵庫や戸棚のスペース等、今使っている家電・家具がちゃんと収まるかなど視認できるのはうれしいですね。

どのような管理状態かが判断できる

これは中古マンションの大きな利点だと思います。
新築のマンションは当然きれいですが、管理の判断まではどうしてもできません。
なぜなら管理は月日が経ってからじゃないと良好かどうか確認できないからです。
その点、中古ならば実際にどのような管理がされてきたかが一目瞭然ですので、 外壁・共用部分を中心に、管理費・修繕費に見合った管理をしているかどうかがすぐにわかります。

立地が良い

例えば新しく駅ができるとして、その周辺を開発する際には当然ですが駅前から開発をします。 つまり、いい場所は早くに取られてしまうということです。
この傾向はマンションに特に強いですが、戸建の場合であれば環境のいい場所が早く取られてしまうと解釈できます。
もちろん戸建の場合でも駅近のものはやはり中古が圧倒的です。
人気の駅の駅前の販売中の物件を検索して見るとわかりやすいと思いますが、中古はもちろんのこと、築年数もそれなりに経っているものが多いです。
これも開発が始まってすぐに建てたからだということを示していますね。

物件の数が豊富

マンションにしろ、一戸建てにしろ新築を建てる場合にはまずは更地を用意しなくてはなりません。
そのためには地上げをしたり、気長にまったりと不確定要素がいっぱいです。
ですが、中古の物件であれば単純に売りたい人と買いたい人がいるだけで売買が成立します。
当然、市場に出回っている物件は中古が圧倒的になります。
結局は自分に適した物件を買うのが一番なわけですから、その際の選択肢が多いというのはそれだけ自分に適した物件を見つけやすいということになります。

デメリット「新築」ではない

そもそも新築の定義というものが不動産にはありまして、「築後1年以内で未入居の物件」となっています。
逆を言えば築後1年以内であっても一度でも誰かが住めば「中古」になるわけですね。
後は気にする人・気にしない人の話ですが、意外と「ファーストワン」になりたい人が多いようです。

設備が古く修繕が必要なことがある

当時は最新式だっとしても20年も経てば老朽化が進みます。
給湯器などの場合、前に問題になったリ○ナイのものであれば交換は必須でしょうし、 タイル貼りのお風呂よりもユニットバスを希望されれば交換をすることになります。
ただ、不動産業者から物件を購入する場合はこれらも含めてリフォーム済なことが多いので、 どうしても個人的に譲れない部分以外はそんなに問題になることは少ないかもしれません。

新築に比べ耐用年数が短い

新築より年を取っているわけですから、当然寿命(耐用年数)は短いです。
また、あまりにも古すぎる場合にはローンを組む際に弊害になったりもします。
35年ではなく20年になったり、最悪ローンが難しいといったこともありえます。
(弊社の場合は特別提携の銀行先があるので、古くてもローンの心配はありません)

新築に比べ、税制面で
不利になることもあります

3年落ち程度の築浅のマンションであれば、ほとんど関係ありませんが、 築30年以上経っている場合のマンションだと適合証明などが取れない場合には 住宅ローン控除の恩恵を受けられない場合があります。
とはいってもその分金額が安いわけですから、控除にばかりこだわるよりは もっと多角度的に見たほうが最終的に失敗のない住宅購入につながると思います。

雨漏り・シロアリ等の保障期間が短いです

新築の場合は雨漏り・シロアリ等の被害(瑕疵)に対する保障期間が最長で10年ですが、 中古の場合はこの瑕疵担保責任が最長で2年、最短で瑕疵担保責任無しまであります。
物件の売主が不動産業者ではなく、一般個人の場合にはこの瑕疵担保責任が無いケースに あてはまります。知らなかったでは済まないので、契約時にきちんと確認をしておきましょう。

戸建とマンション に戻る | 賃貸派の質問 に進む